ロールアウトINDEXに戻るヤルヤル体験記’09大峯奥駈無泊縦走

大峯奥駈無泊縦走 09.09.16
(吉野山金峯神社〜山上ケ岳〜八経ケ岳〜行仙岳〜玉置山〜熊野本宮大社)
大峰奥駆の中でももっとも好きな場所「太古の辻」・・・
ちょうど中間地点になるのであと半分!と言いたいところだがこのあたりから疲れがでてくる頃、それに加え夜間行動でペースが落ちる
ここからが正に修行僧の気分だ・・・



2006年に出場した
トレイルラン大峯奥駈大会(1泊2日・前鬼に宿泊)でこの修験道を体験後、宿泊しないで1日で行けないものか・・・
単独、無泊に拘る!  そしてこの日がやって来た!
’09.09.16 午前7時00分
吉野 金峰(きんぷ)神社を出発
何が待ってるかワクワクの瞬間だ
四寸岩山に7時47分
この山頂が意外と
キツかった
弥山には出発して約6時間半
13時27分着
まだまだ序盤だ
釈迦ケ岳に 16時01分着
これから行く山々を見渡す
行仙岳に20時59分
この頃から食欲がなくなる
と同時に疲れが出てくる
何度も何度も仮眠しようとしたが
気が張っているのか
数分目を閉じてるだけだった
笠捨山を過ぎ地蔵岳へ
下見なしで夜ここにに来たら
ちょっと危険かも。23時46分
パン、大福は喉を通らず
ピットインリキッドを無理矢理
流し込む!0時23分

玉置神社を過ぎ大森山までの
登りがきつい!
疲れはピークに達する
がこのあと急に食欲が出てくる
大森山でパンを食べると
ビックリするくらいに体力回復!
五大尊岳に5時26分着
ゴールまで残り2時間ちょい
ナイスビューも手伝ってか
登りも下りもガンガン飛ばす
金峰神社を出発して24時間57分
無事本宮大社鳥居に到着
やった〜!感動!



■装備
デジカメ・GPS(予備電池2本)・携帯電話・コンパス・地図・ベル・テーピング用テープ・雨具兼用ゴミ袋・防寒用プチプチ・テッシュペーパー・ヘッドライト・ハンドライト(予備)・お金(帰路のバス電車用)・ハイドラパックリザーバー・水筒(水場で補給用)→軽量のためペットボトルに変更・モンベルキャップ・CWX5本指ソックス・グローブ・シューズ(ゲルトラブーコ)・バック:グレゴリーのミウォック(18リットル)・免許書(遭難時の身元確認用)・夜間行動につき近視メガネ着用
■ウエアー
上:モンベル ウイックロン長Tシャツ・CWXチェスト(インナー)
下:CWXクールマックスロングPRO・CWXショーツ(インナー)

■食料
パン4ケ・大福3ケ・水を入れて食べれる赤飯1ケ・ピットインリキッド4ケ・アミノバイタルプロ4ケ・トリプルカーボ6袋(水に溶かして使用)  途中食欲がなかったため赤飯と大福とパン各1ケは食べれなかった


■その他
足元にプロテクター代わりのテーピングを
笹、バラ、枝などが足首近辺に当たることがありキズまみれになることも。プロテクター代わりにその部分にテーピングをする

シューズカバー

夜露などでシューズ及びソックスまでが濡れることもしばしば水分を含んで重くなるのを防ぐ
9月15日吉野入り後車泊
9月16日吉野金峯神社出発7:00〜山上ケ岳9:50〜弥山13:27〜釈迦ケ岳16:01〜太古の辻16:40〜行仙岳20:59〜笠捨山22:58〜
9月17日玉置神社3:01〜大森山4:36〜五大尊岳5:26〜熊野本宮大社着7:57
9月17日熊野本宮大社9時12分のバス乗車〜JR五条駅13:30乗車〜近鉄吉野口駅14?乗車〜吉野→車で帰路に
9月16日
7時00分:吉野金峯神社を出発

天気予報では雨の可能性はゼロに近い!とのことなので用意していたモンベルULウインドジャケットとパンツはバックから抜き取る。走ることが前提なのでたとえ1gでも軽量は重要だ(万が一の場合は持参のゴミ袋で代用)
7時47分:四寸岩山
8時46分:五番関(女人結界)
9時24分:洞辻茶屋

ここは洞川から登ってくる道との合流地点だ。ここから弥山までは大峰早駆のルートと同じなので迷いの心配はない。
9時50分:山上ケ岳
スタートからお腹いっぱいで苦しかったが少しマシになってくる(持参する食料を削るため朝食を食べ過ぎたのだ・反省)
いつもだとスタートして2時間程でお腹がすいてくるのだが今回はその兆候が全くなかった。早く食べて荷物を軽くしたい気持ちだ。
結局出発してから奥駆道出合まで口にすることはなかった。
11時19分:七曜岳
11時45分:行者還小屋

小屋横を通りかけたと同時にクマンバチに襲われる。(巣を動物かなにかに壊された直後のような興奮状態だった)
逃げる間もなく頭を1ケ所刺される。昨年スズメバチに刺されたので今回で2回目、ショックのないように気を確かに持つ。
病院に行きたいところだがすぐ下山できる場所ではなく又それなりに計画を立ててここまで来てるのでここで止めるワケにもいかない。
とりあえず様子をみながら先を急ぐ。結局、痛みと腫れ熱は翌朝まで続いた。
13時27分:弥山
運良くガンガン照りではないので走りやすいが弥山までの木の階段はいつ来てもキツイ。
13時40分:八経ケ岳
16時01分:釈迦ケ岳
ここで始めて腰を下ろして休憩する。ハチに刺されたことが心配ではあったがここまでの時間が思ったより早かったため気合が入る!
16時40分:太古の辻
太古の辻は何度来ても心安らぐいい場所である。名前もなかなか素敵だ!大峰奥駆でもっともお気に入りの場所だ。西日がまぶしいが気分はさわやかだ。
17時34分:地蔵岳
奥駆には地蔵岳が2つある。ここは北側の険しくない方の地蔵岳だ。もう陽が沈みかけていた。
18時20分:涅槃岳
18時33分:証誠無漏岳
20時18分:倶利輪岳
食欲がなく疲れを感じペースもかなり落ちてくる。この調子で最後までたどり着けるのだろか・・・
20時59分:行仙岳
行仙岳を過ぎてからあちこちで動物の鳴き声物音がひんぱんに聞こえてくるようになる・・・
そしてこの夜だけでも何匹の鹿イノシシが目の前を横切ったことだろうか・・・
運悪ければ体当たりされる可能性だってある!

22時58分:笠捨山
笠捨山への登り口で20分程道に迷う。標識があるのにうっかりしてたようだ、でも良く途中で気づいたものだ、我ながら関心!(笑)
地蔵岳:23時46分
地蔵岳の上り下りは傾斜がきつくクサリ場がある、そして入り組んだ地形のため下見なしのいきなりの夜間行動はちょっと危険と迷う可能性もある。

ここから玉置神社までの下りが長い。傾斜は急、それに加え砂地で滑りやすい!ヘッドライトの明かりは完璧ではないがカンを頼りに木、枝を掴みタイムをかせぐ!(この頃にはすでに平地でも走る元気がなくなってたので下が救いだ)

9月17日
3時01分:玉置神社
4時36分:大森山
大森山までの長い?上り坂では疲労がピークに!
しかし大森山を過ぎると急に空腹感を感じる(食欲が出る)、なんと吉野金峰神社を出発して始めての空腹感だ!
そしてパンを食べると全身にエネルギーが行き渡るのを感じ、今までのスローペースが嘘!ではと疑うくらいペースが上がる。

5時26分:五大尊岳
この辺でも相変わらず激しい上り下りが続くが食欲が出たこととゴールが近いこと!でかあまり苦にならずガンガン飛ばすことができた。
7時57分:熊野本宮大社着
七越峰を過ぎればもうあと少し、熊野川をジャブジャブ渡り本宮大社の鳥居をくぐってゴール!




■終わってみれば
特に涅槃岳〜大森山の間、食欲がなくとても辛かった。
しかしその後食欲が出て体力回復!サワヤカな気持ちで本宮大社の鳥居をくぐることができた。
「最後良ければ全て良し!」という言葉があるが正にコレで途中の辛さはもう薄れてしまってる。

自販機がない(笑)、携帯電話が通じない、アクセスが悪い、クサリ場などあって危ない、人がいない人を呼べない、道に迷い易い、夜間は明かりひとつない暗闇、夜行性動物がたくさん生息してる・・・これら全てまとめて大峰奥駆無泊縦走の魅力だ。
特に夜間は絶えず動物の気配を感じながら満点の星空の下をひとり歩く!走る!登る!クセになりそうな9月の大峰奥駆だった。

■夜間の下りについて
何度か経験しているためか草、笹の覆われているところは別として思ったほど走りにくいものではなかった。


                      k.kato

深仙宿のお堂では
修行僧がお経をとなえていた
はぁ〜 ヒィ〜 フウ〜
間に合わず
乗り遅れではなくシャッターに
熊野川でアイシング 今夜食う(こんにゃくう) プチプチマン